top of page
検索
  • 松原四季

ワクチン接種を急ごう

更新日:2022年3月29日

新型コロナウィルスの感染拡大が止まりません。極めて感染力が強いデルタ株が世界中で猛威をふるっています。第4波が押し寄せた東京では、1日の感染者数が4千人を越える日が続きました。国内感染者が2万人を超え再び緊急事態宣言が発令されました。デルタ株はインドで起きた感染爆発により出現した感染力の強い変異ウイルスです。そしてこのデルタ株が世界各地でこれまでにない激しい感染拡大を起こしました。果たして我々はこのコロナ渦を克服出きるのでしょうか。克服のカギはワクチン接種の推進とコロナ病床の増設にあると考えます。

我々に今すぐ出きることと言えばワクチン接種です。現在感染の主体となっている若年層がワクチン接種を急ぐことです。ワクチン接種を受けることは自分を助けるだけでなく、家族や回りの人も助けることになります。仮にお子さんが学校や保育園でウイルスをもらって来ても家族がワクチンを接種していればウイルスは封じ込められ感染は拡大しません。ワクチンが出たばかりの頃には安全性や効果に対して様々な疑問が囁かれていました。しかし世界の何億人という人が接種した今ワクチンの安全性と有効性が証明され、妊娠早期の妊婦さんでも問題なく打てることがわかりました。妊婦さんが打つことで自身と赤ちゃんをコロナ感染から守ることが出来るでしょう。8月末にアメリカのFDAがファイザーのワクチンを正式承認しました。これまでは緊急時の特別承認だったのですが、正式承認したということは安全性と有効性が認められたということです。今後は世界中でワクチン接種の義務化が進むでしょう。

厚生労働省の調査によると8月の3日間に感染確認した5万7千人の内ワクチンを接種してなかった人が82%、2回接種しても感染した人は3%でした。ワクチンを2回打った人はほとんど発症していません。ワクチンの有効性と安全性は極めて高いといえます。現在当院では基礎疾患がある方のワクチン接種を行っています。まだワクチンを接種していない人はできるだけ早く接種して頂きたいと思います。コロナ渦を克服するもう一つのカギであるコロナ病床の確保でも進展がみられました。国と都はようやくコロナ患者の受け入れを医療機関に要請しました。もう一歩進めて既存の病院をまるごとコロナ専用病院に転換することを進めて頂きたいものです。こうすることで自宅待機中に亡くなるなどの悲劇を防ぐことが出来るでしょう。ワクチン接種とコロナペット増床で、1日も早く平穏な日々が戻ることを念願します。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page